あした晴れたらいいな Ⅱ

ぼちぼち自転車に乗ったりぶらぶら山に行ったりしているアフタ還暦世代の「中町ATIK」が、だらだら日記を書いてます。

     title.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チューブレスタイヤってどうなん?

20120722天理ゴルフ2441
<天理ゴルフ付近のR25 天ダムから長滝を経由して福住だと通過しないけど、R25で登ると8%~10%の最後の坂を登るとこの天理ゴルフ付近の峠に出る。>

7月22日(日)
何の気なしに、通勤用に使っているTIMEの履いているタイヤをよく見ると表面がひび割れしたり、結構深い割れ目があったりで、買い置きのしてあるタイヤと交換することにした。

チューブレスタイヤは、チューブ入りのクリンチャータイヤに比べて転がり抵抗が20%軽減されるので、よく転がりよく走る。ギヤ一枚分くらい軽く走るだけでなく、パンクしないのです。
ちなみに、私はチューブレスタイヤを履いてから2年以上になりますが、いわゆるパンクをしたことがないのです。チューブレスに履き替えた時、バルブからのエアー漏れに悩まされましたが、その後、タイヤでトラブルになったという経験がありません。
チューブレスを一旦履くと、ノーメンテナンスでパンクもせず擦り減るまで使えるのです。
しかし、すり減るまで使ってパンクをしたら大変です。チューブレスタイヤは、ホイールからの脱着が大変なのです。
ですから、通勤途上でチューブレスのパンクは絶対に避けたい。
と云うことで、タイヤを交換することにしたのです。

CX-1には、カンパシャマルウルトラにハッチンソンフュージョン3を履いています。通勤用のTIMEには、カンパユーラスのハッチンソンフュージョン2を履いています。

買い置きのフュージョン3をCX-1のシャマルに、シャマルの履いていたフュージョン3を通勤用のTIMEのユーラスの履き替えることにしたのです。

まず、タイヤをホイールから外すのですが、まず、リムの外周に中性洗剤を縫って滑りを良くしておきます。次に空気を抜いて、タイヤのビートをリムの一番深いところに落とします。しかし、長年履いているチューブレスタイヤはビートがリムから剥がれません。何度もタイヤを揉み解し何とか剥がれたら、もう一方のビートも同じようにリムに落とします。パチンと大きな音がして剥がれますが、シャマルの後輪とユーラスの前輪の一方のビートが剥がれません。
一時間ぐらい格闘してもダメでした。
で、タイヤをお釈迦にすることを覚悟して、ペンチでタイヤを挟んでやっと剥がれました。

久しぶりのタイヤ交換ですが、前回、チューブレスを履いた時は、苦労はしましたが、中性洗剤が魔法のように効いて何とか苦労しながらも交換できたと記憶しています。
しかし、今回は、タイヤをリムから剥がすだけで大汗をかき、ペンチの出動となってしまったのです。これでは、出先でパンクした時、作業が出来ません。チューブレス、不安になってきます。万が一パンクした時、これでは手の打ち様がありません。

そんなこんなで、通勤用のTIMEのユーラスには、チューブ入りのクリンチャータイヤを履くことにしました。幸い、買い置きのしてあるタイヤの中に、「Vittoria Rubino Pro」と云うタイヤがありました。以前使っていた「Vittoria OpenCorsa EVO-CX2」と比べると硬くて重そうでしたが、耐パンク性は良さそうなので、これを履くことにしました。
しかし、中々履くのも大変です。チューブレスと同様、中性洗剤をビート部に塗って滑りを良くしてリムにはめていきます。かなりの力でタイヤを伸ばし気味にしながら最後はレバーではめ込みました。
2WAYFITのリムは、クリンチャータイヤでも、タイヤ交換が大変です(汗)

で、次は、CX-1のシャマルに、フュージョン3を組み付けますが、格闘の末、ギブアップ。タイヤのサイズが違うのではないかと思う位です。片側のビートは簡単にリムに落とせます。しかし、反対側のビートは、長さが足りないのではないかと思う位、組み付けの最後が堅くてダメです。中性洗剤を塗り、ホイールを立てて上から下に力を込めてタイヤを伸ばすように組み付けますが、歯が立ちませんでした。

日曜日は、タイヤの組み付けはこれくらいにして、「Vittoria Rubino Pro」チューブ入りクリンチャーを履いたTIMEで天ダム1本だけ走っておくことにしました。
しかし、なんて重いのか。タイヤが違うだけで、違う自転車に乗っているみたいでした。

月曜日は、ジテ通。
一日開けた月曜日も、重かった。

チューブレスからクリンチャーに変えた事がこの重さなのか?夏バテ気味の体の所為なのか?
それにしても、CX-1のホイールにはタイヤが履けていないのです。チューブレス、どうする。軽い走りは捨てがたいが、組み込みさえ出来ないのでは、・・・。

22日の天ダム1本 走行距離 往復約30km
(Garmin Egde500でデータが取れていない。バイク1から2に変更したのだが、上手くいかなかったのか?ガーミンでは、走行距離 0.1kmだった。)
23日のジテ通 走行距離 往復約24km でした。

にほんブログ村のランキングに参加しています。是非リンク又は下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/23(月) 20:12:48|
  2. 自転車やパーツや色んなこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チューブレスタイヤの交換 | ホーム | 晴れから一転、雨に降られたやん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakamachi72.blog77.fc2.com/tb.php/225-fa94fc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご挨拶

サイクリング
ぼちぼち自転車に乗ったりぶらぶら山に行ったりしている「中町ATIK」が、だらだら日記を書いてます。
3年間書き綴った楽天ブログ「あした晴れたらいいな」から引っ越してきました。
夏に、渋峠と車山から美ヶ原を走って、秋に乗鞍紅葉サイク、「やっぱりサイクリングは信州やね。」と思う今日この頃です。

日本ブログ村のランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援してください。
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

EW_Racing.gif

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

中町ATIK

Author:中町ATIK
ぼちぼち自転車に乗ったりぶらぶら山に行ったりしているアフター還暦世代の「中町ATIK」が、だらだら日記を書いてます。

最新記事

Twitter...

Twitter Reload

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

サイクリング (277)
トレーニング (9)
レースやイベント (4)
ポタリング (9)
ランニング (50)
自転車やパーツや色んなこと (36)
ジテ通 (41)
アラ還世代の自転車ライフ (18)
カニ調査 (6)
EWサイクルミーティング (4)
自転車以外のこと (82)
未分類 (2)
MTB (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。